マザーボードの選び方

マザーボードはパソコンの神経のような役割を持っている。CPU、メモリ、HDDなどはこのマザーボードに接続され、マザーボードは各部品同士の橋渡しをしている。この機能を制御するために、マザーボードには「チップセット」が搭載されていて、このチップセットの種類・性能によって取り付けられるCPUやメモリ、ビデオカードが決まる。CPUはマザーボードごとに対応品があり、それ以外はチップセットが同じでも取り付けることができない。

マザーボードを選ぶときは、以下のポイントを見るようにしよう。

○チップセット
マザーボードメーカーのホームページにはそれぞれの製品に対応するCPUが記載されているので、どんなCPUを搭載したいかということやなどによって対応するチップセットの載ったマザーボードを選ぼう。

○オンボード機能
オンボード機能とは、標準でマザーボード上に搭載されているビデオカード・サウンドカードなど。マザーボードによってさまざまな機能があるので、ほしい機能を備えたものを選ぼう。

○価格
オンボード機能が豊富だったり高性能なマザーボードは価格が高い反面チップセットの性能が低かったりもする。余計な機能は排除してチップセットの性能が高いものを選ぶようにしよう。

ちなみに、PCパーツの選定もそうですが、プロバイダーの比較検討もしっかり
やった方がいいですよ。
高速PC作っても、回線が遅いと意味がないので。。

Comments are closed.